ホーム > 初診の方へ

一般歯科

歯がきちんと生えていて、食べ物をおいしく咬める環境を維持することで、お口の健康は保たれます。
歯が抜けてしまう一番の原因は、虫歯と歯周病の2大疾患と言われています。しかし,虫歯(むし歯)や歯周病は,一度なってしまってから治すことは難しいですが、予防することが可能な疾患です。

 
 

虫歯になる人とならない人がいるのはなぜ?

産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。ただし成長する中で母親から虫歯菌に感染してしまい、ほとんどの方のお口の中に虫歯菌は存在します。この虫歯菌が出す酸によって虫歯になってしまうのです。

ほとんどの方が持っている虫歯菌なのに虫歯がある人と虫歯がない人の違いはなぜでしょうか。?
虫歯菌が出した酸によって歯が溶けてしまうことを脱灰といい、それに対して歯の表面(エナメル質)を修復しようとする能力を再石灰化といいます。
お口の中では上記の脱灰と再石灰化が繰り返し行われています。

食事をすると虫歯菌の活動が活発になりお口の中は酸性に傾き、脱灰作用により歯のエナメル質からリン酸とカルシウムが溶け出します。その後、お口の中は唾液が持つ緩衝作用により徐々に中性に戻っていきます。
そして、唾液に含まれるリン酸とカルシウムがエナメル質を修復(再石灰化)してくれるのです。
虫歯がない方は、この脱灰と再石灰化がバランスよく行われています。
反対にこのバランスがうまくとられておらず、歯が溶けやすい環境にある方は虫歯になりやすいです。
 

虫歯の進行

C1

痛みを感じることはありません。表面のエナメル質だけが溶け始めた段階です。

C2

冷たい飲み物を飲むと歯にしみるなどの症状がでてきます。エナメル質から象牙質も溶け始めた段階となります。
 

C3

歯が疼いたり、炎症を起こすと治りにくく、ひどい場合には歯が腐るので抜かざるを得ない場合が多くなります。象牙質が完全に侵されて、歯の神経の歯髄(神経)というところまで達した段階です。

C4

歯茎からでている部分の歯がなくなり、根だけが残った段階です。
 

虫歯になってしまったら

虫歯である箇所を削り取って、被せ物などで埋めて塞ぐ必要があります。
またもし虫歯が歯の奥にある神経(歯髄)まで達していた場合、歯の神経を取って虫歯菌がなくなる状態まで処置をしなければいけません。
当歯科医院ではできるだけ患者様のご負担が少ないように、痛みの感じ方が少なくなるような治療を心がけています。麻酔を注射する際も、まずは表面麻酔を行いますので、痛みをあまり感じないように工夫しています。
 

歯周病とは

歯は、歯を支えるいくつかの組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨)によって支えられています。しかしこれらの組織に細菌が感染し、炎症を起こってしまうことがあり、これが歯周病と呼ばれています。があります。

歯周病は自覚症状がないまま進行していきます。そのため何もしないで放置しておくと歯茎から膿や出血があったり、痛みを感じたり、最終的には歯を支える骨まで菌が侵食します。その結果歯がグラグラになりひどい場合には自然に歯が抜けてしまいます。

 

ほとんどの方は普段から歯磨きをされていると思います。しかしながら歯磨きをすることと、歯がきちんと磨けているかは違います。虫歯や歯周病を防ぐためには虫歯菌の原因と鳴る歯垢(プラーク)をきちんと取り除く必要があります。そのためには正しい歯磨きの方法で、歯垢を除去することが必要です。

毎日ちゃんと歯を磨いているにもかかわらず、歯周病の兆候が見られる場合は、きちんとプラークを除去できていないのかもしれません。そのため正しい歯磨きの方法を身につけましょう。

正しいブラッシング方法

 

定期健診で専門家によるお口のメンテナンスをうけましょう

 

お家に帰った後でも虫歯予防ができるようにハミガキの方法をお教えしております。
虫歯予防にはきちんとブラッシングができることが一番です。

 


歯周病は自覚症状がないため、上記のような状況になっている時にはかなり進行していることが多いです。

生活習慣病の中でも、歯周病は本当に怖い病気なのです。

歯周病は加齢にもよりますが原因として食事や歯磨き、過労、喫煙など生活習慣と密接な関係にあります。予防のためには、食生活・禁煙・ストレス・睡眠などに気をつけることが大切です。
大切な歯を失わないために、定期検診をお勧めします。歯ぐきからの出血や歯がグラグラする時はすぐにご来院ください。

歯周病の原因
歯周病の原因はプラークと呼ばれる細菌の感染症です。細菌の塊であるプラークは毒素を出し、その毒素に対して体が防御しようとするため、歯肉が炎症を起こすなど歯周(歯を支える周りの部分)が侵されていきます。
お口の中には数多くの細菌がいますが、その中でも歯周病の原因となる菌は10種類以上と言われています。
※歯周病の原因となる細菌を歯周病菌と呼びます。